相続手続き

相続が発生すると一般的な場合、次のような手続きが必要となります。

①遺言の確認

遺言書の有無を確認します。公正証書遺言がある場合はそのまま相続手続きに、自筆証書遺言がある場合は裁判所による検認の手続きが必要になります。

②相続人の確定

故人の出生から死亡までの戸籍を収集し相続人を確定します。また、場合によっては、故人の両親の出生まで遡って取得する必要があります。

③相続財産の確定

故人の財産を調査し、相続する財産を確定します。このとき注意しなければいけないのは、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産つまり借金も相続財産になるということです。もし、多額の借金がある場合は、相続放棄・限定承認等を検討することになります。

④遺産分割

相続人全員で、財産をどのように分けるか協議します。

⑤銀行口座の解約・不動産等の名義変更

遺産分割により相続した人が銀行口座なら解約して現金を受け取り、不動産なら名義を変更します。

⑥相続税の申告

相続財産の価格が控除額を超える場合、相続税の申告が必要になります。

各種の手続きにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。
※当事務所では、税務署に対する手続きは行ってはおりませんが、税理士さんをご紹介させて頂きます。

 

費用の目安についてはこちら

初回相談無料045-520-3408横浜市保土ケ谷区宮田町1-3-3
キャピタル天王町301

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。