相続とは

相続とは人が亡くなった時、その権利や義務を別の人が受け継ぐことです。

相続の対象となるのは現金や預金、不動産などのプラスの財産(以下、財産とします)だけではありません、借金などのマイナスの財産(以下、債務とします)も受け継ぎます。

相続人の範囲については下記をご参照ください。

 

相続の際の3つの選択肢

選択肢その1 単純承認

単純承認とは、亡くなった人の権利や義務を無制限に受け継ぐことです。

現金、預金など全ての財産を受け継ぐことができますが、一方で債務も全て受継ぐことになります。

 

選択肢その2 相続放棄

相続放棄とは、財産と債務、全ての相続を放棄することです。

相続放棄をした場合は、初めから相続人でなかったものとみなされます。

相続放棄は、単に相続を放棄するという意思表示だけでは足りず、家庭裁判所に申述することによって行います。

債務が財産より多い場合には、相続放棄を検討します。

 

選択肢その3 限定承認

限定承認とは、財産は全て相続しますが、債務は相続した財産の範囲内でしか責任を負わないという制度です。

債務が財産より多い場合は相続放棄を選択することが一般的ですが、自宅などどうしても手放したくない財産がある場合に限定承認が利用されます。

限定承認も家庭裁判所に申述することによって行います。

 

相続放棄の期限

相続放棄及び限定承認は、自分が相続人であることを知ってから3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。

何もしないで3ヶ月経過した場合、単純承認したものとみなされます。

 

相続放棄のメリット・デメリット

相続放棄のメリット

①相続放棄をすると債務を支払う義務がなくなります。

相続放棄をすると被相続人の遺した債務の支払い義務から解放されます。

②相続手続きに関わらなくてすみます。

通常相続手続きには相続人全員の署名・実印での押印及び印鑑証明書が必要になります。しかし、相続放棄をすると初めから相続人ではなかったものとみなされるため、そういった相続手続きに関わらずにすみます。

 

相続放棄のデメリット

①一切の財産を相続することができません。

相続放棄をした場合、被相続人の遺したあらゆる財産を受け継ぐことはできません。

②相続放棄をすると新たな相続人が出現します。

例えば父親が亡くなって妻と子供が相続放棄をした場合、父親の両親が相続人になります。両親がすでに他界している場合は父親の兄弟姉妹が相続人になります。

このように一人が相続放棄をしても新たな相続人が出現するため、債務を受け継ぎたくない場合は相続人全員が相続放棄をする必要があります。

相続人の範囲については下記をご参照ください。

誰が相続人になるのでしょうか?

 

相続放棄の手続き

相続放棄は亡くなった方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出することにより行います。

その際、下記の書類を添付します。

・亡くなった方の住民票の除票もしくは戸籍の附票

・相続放棄をする人の戸籍謄本

・亡くなった方の死亡の記載のある戸籍謄本もしくは除籍謄本

・亡くなった方と相続放棄をする人の関係を証明するための戸籍謄本、除籍謄本等

※事情によってはこの他にも提出が必要な書類もあります。

 

相続放棄をお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

初回相談無料045-520-3408横浜市保土ヶ谷区宮田町1-3-3
キャピタル天王町301

メールでのお問い合わせ お気軽にお問い合わせ下さい