相続放棄にはどんな書類が必要ですか?

相続放棄の手続きに必要な書類は、放棄をする人と亡くなった人(以下、被相続人と記載します)の関係によって変わってきます。

共通の書類

①被相続人の住民票の除票または戸籍の附票

被相続人の最後の住所を証明する為に住民票の除票または戸籍の附票を添付します。

住民票の除票は被相続人の住所地の市役所、区役所等で、戸籍の附票は本籍地の市役所、区役所等で取得することができます。

②相続放棄する方の戸籍謄本

相続放棄をする方の戸籍謄本を添付します。

なお、コンピュータ化された戸籍の正式名称は戸籍全部事項証明書といいます。戸籍全部事項証明書も慣習的に戸籍謄本と呼ばれておりますので、以下戸籍謄本と記載します。

戸籍謄本は本籍地の市役所、区役所等で取得することができます。

相続放棄をする人が被相続人の配偶者及び子供の場合

③被相続人の死亡記載のある戸籍謄本または除籍謄本

配偶者が相続放棄をする場合は、特段の事情がない限り「共通の書類」の中の②の戸籍謄本の中に被相続人の死亡が記載されています。

子供が相続放棄をする場合、結婚等で新しい戸籍が作られていない限りやはり上記②の戸籍謄本の中に被相続人の死亡が記載されています。

上記の場合は②と③は同じ書類になります。

なお、同一の書類は複数提出する必要はありません。

相続放棄をする人が被相続人の直系尊属の場合

④被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

被相続人に子供や孫等の直系卑属がいない場合、被相続人の両親や祖父母等の直系尊属が相続人になります。相続人の範囲については下記記事をご覧下さい。

誰が相続人になるのでしょうか?

親が相続放棄をする場合、被相続人に直系卑属がいないことを証明する為に、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本を添付する必要があります。

除籍謄本とは、転籍や結婚、死亡等により戸籍に記載された人が全て抜けてしまった場合に発行される証明書です。

除籍謄本は除籍された当時の本籍地の市役所や区役所等で取得することができます。

改製原戸籍謄本とは、法律の改正により新たな戸籍が作られた際の元となった戸籍のことです。昭和と平成でそれぞれ法改正があり、その際に新たな戸籍が作られました。

改製原戸籍謄本は、改製時の本籍地の市役所や区役所で取得することができます。

相続放棄をする人が被相続人の兄弟姉妹の場合

④被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

上記、被相続人の直系尊属が相続放棄する場合と同じ書類が必要です。

⑤被相続人の直系尊属の死亡記載のある戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

兄弟姉妹が相続人になるのは、被相続人の直系卑属も直系尊属もいない場合です。

そのため、直系尊属がすでに死亡していることを証明する戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本が必要になります。

その他の書類

事情によっては上記の他に書類の提出が必要な場合があります。

相続放棄をする人の事情によって異なりますので、ここでは割愛させて頂きます。

相続放棄をお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい

初回相談無料045-520-3408横浜市保土ヶ谷区宮田町1-3-3
キャピタル天王町301

メールでのお問い合わせ お気軽にお問い合わせ下さい