遺言書と遺留分

遺言書作成サポートの依頼を受けた時、依頼者からたまにこんな声を聞くことがあります。

「ある人に財産を相続させたくないんですが、遺言書でその人以外に相続させるように記載しておけば大丈夫でしょうか?」

特定の相続人に全く財産を相続させないという遺言を作成した時、必ずしもその遺言の内容通りに相続手続きが進むとは限りません。

なぜなら一部の相続人には遺留分という権利があるからです。

遺留分については下記記事をご参照下さい。

遺留分とは

上記のような内容の遺言書の場合、遺言によって財産を相続すると指定された人は、遺留分の侵害を受けた相続人から遺留分減殺請求をされるおそれがあります。

遺留分は遺言書をもってしても奪うことができない権利です。

不動産や自社株などの特定の財産を特定の人間に相続または遺贈したい場合には、予め他の相続人の遺留分に配慮した遺言を作成することをお勧めします。

初回相談無料045-520-3408横浜市保土ケ谷区宮田町1-3-3
キャピタル天王町301

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。