遺言書を紛失してしまった場合

相続業務の依頼を受けると相続人の方からこんな言葉を聞くことがあります。

「故人が生前に遺言書を作ったと言っていましたが、探しても見当たらないんです」

このような場合はあきらめるしかないのでしょうか。

遺言書にはいくつか種類がありますが、自筆証書遺言と公正証書遺言が一般的な遺言になります。
自筆証書遺言とは自分で作成して保管しておく遺言です。
公正証書遺言は公証人に作成してもらう遺言になります。

自筆証書遺言の場合は見つからなければそれまでですが、公正証書遺言の場合はまだ希望があります。

公正証書遺言は公証人が作成するため、原本は公証役場に保管されます。

どこの公証役場で作成したかわからない場合でも、相続人でしたら最寄りの公証役場で公正証書遺言の有無を調べることができます。

あきらめてしまう前にご相談下さい。

初回相談無料045-520-3408横浜市保土ケ谷区宮田町1-3-3
キャピタル天王町301

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。