韓国籍の方が亡くなった場合の相続

相続手続きを行う前段階としてまず相続人を確定する必要があります。

この相続人の確定は亡くなった方の出生から死亡までの戸籍を取得して調査します。

亡くなった方が外国籍の場合は、日本に戸籍がないためその国の方式によって相続人を調査しなければなりません。

今回は亡くなった方が韓国人の場合の相続人の確定方法について説明致します。

韓国はかつては日本と同様に戸籍という制度がありました。しかし、法改正により2008年から戸籍の代わりに家族関係登録簿が作成されています。

この家族関係登録簿をもとに発行される「基本証明書」「家族関係証明書」「婚姻関係証明書」「入養関係証明書」「親養子入養関係証明書」及び除籍謄本などをもとに相続人の確定作業を行っていきます。

上記の書類は、本人、配偶者、直系血族、兄弟姉妹及びそれらの代理人のみ取得することができます。

日本においては、大使館や領事館で取得することができますが、古い除籍謄本については日本では取得できないものもあるようです。

これらを取得後、日本語に翻訳して関係各所に提出し相続手続きを進めていくことになります。

初回相談無料045-520-3408横浜市保土ケ谷区宮田町1-3-3
キャピタル天王町301

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。