遺贈と遺言執行者

自分の死後、相続人以外の人に財産を譲りたい時は遺言で遺贈をしなければなりません。

しかし、単に遺言で遺贈しただけでは不十分な場合があります。

譲りたい財産が不動産の場合です。

遺贈による不動産の名義変更は、亡くなった人の相続人全員と財産を譲受ける人が共同で手続きを行うことになります。
そのため相続人の中に一人でもその遺贈に反対の人がいる場合、名義変更は非常に困難になります。

しかし、遺言書の中で遺言執行者を定めておくことでそのような状況を回避することができます。

遺言執行者とは、遺言者が亡くなった時に遺言の内容を実現するための手続きをする人間です。
遺言執行者は相続人全員に代わって手続きを行う権限を持つため、相続人の協力が得られない場合でも手続きを進めることができます。

遺言書は書き方によって将来の手続きに大きく影響を及ぼします。

遺言書の作成をお考えの時は専門家にサポートを依頼することをお勧めします。

初回相談無料045-520-3408横浜市保土ケ谷区宮田町1-3-3
キャピタル天王町301

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。