相続人に行方不明者がいる場合

相続が発生すると、通常は相続人全員で遺産分割協議を行い誰がどの財産を承継するかを決定することになります。

しかし中には相続人に行方不明の人がいて遺産分割協議を行うことができない場合もあります。

そのような場合でも下記の制度を利用することにより相続手続きを進めることができます。

①不在者財産管理人を選任する。

家庭裁判所に不在者財産管理人の選任を申立てます。

不在者財産管理人は、裁判所の許可を得ることで行方不明の相続人に代わって遺産分割協議に参加することができます。

②失踪宣告の申立てを行う。

失踪宣告とは、ある人の生死が一定期間以上不明の場合に法律上死亡したものとみなす制度です。

相続手続きをあきらめる前にまずはご相談下さい。

初回相談無料045-520-3408横浜市保土ケ谷区宮田町1-3-3
キャピタル天王町301

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。